業務効率の向上に役立つグループウェアですが、多くは現在進行している業務をいかに効率良くするかに着目されるものとなります。けれどもそのデータが蓄積されていることを利用することによって、さらなる効率化を目指すことができるようになります。



例えば営業マンの場合には、スケジュール管理を行う上でそれぞれが活動内容をスケジュール上に記録していることになります。



その過去のデータを分析することによって、より多くの成果を出すための参考にすることができるわけです。

成績の良い営業マンのスケジュールをチェックし、その動きを分析してマニュアル化することで他の営業マンの成績を高めることも可能となるわけです。グループウェアはどの企業でも利用できるような汎用性があります。

つまり最初からあらゆる機能が詰め込まれているわけです。

多くは不要な機能として使われずにおかれることも多いものですが、視点を変えることによって活用法を見つけることができるようになります。

wikipedia情報サイトを利用しましょう。

そしてどの企業でも使用しているグループウェアをどのように工夫して使うかによって、他社との差別化を図ることができるようになるわけです。


アメリカではこのようなシステムの普及によってホワイトカラーの存在価値が下がっていると言われます。
けれども大切なことは、そのようなシステムをどのように使いこなすかという工夫を凝らす知恵を絞ることです。

これはいかに機械が進化してもできないものです。