最近グループウェアを導入する企業が、大企業を中心に増加の傾向にあります。グループウェアは、イントラネットやインターネットに接続されたコンピューターで、社員同士でデータを共有したりすることにより、業務の効率化を図るためのものです。


特に最新の機能としては、社内SNSを挙げることができます。

同じ業務を行う人同士でグループを組むことが可能で、グループ内同士では電子掲示板のように、自由に意見の交換が可能になります。

リアルタイムでの複数人数でのチャットを行うことも可能です。

Youtube情報を多数ご用意したサイトです。

よって小さな打ち合わせなどはわざわざ会議室に集まらなくても、チャットで済ませてしまうことができ、時間を効率的に使うことができます。



また、社内SNSのプロフィールに自分の得意分野や経験業務などを記載しておくことにより、部署を超えて適任者を見つけることもでき、人材の有効活用にもつながります。

更には、毎日の自分の業務結果を日記風にタイムラインに残しておくことにより、上司が部下の進捗管理も行いやすくなり、あらゆる面で会社内の風通しが良くなります。

他にもグループウェアを導入すると、スケジュール管理が行いやすくなったり、同僚のスケジュールを確認できるようななったり、会議室の予約がしやすくなったりなど、さまざまな面で業務が行いやすくなり、業務を効率的に進めることができるようになります。



最近ではグループウェアの中に勤怠管理システムも組み込まれることも多くなりました。